稲葉浩志になりたい

稲葉浩志のような声の練習法!(日常編)

こんにちは。

今回は、稲葉化計画の一貫で発声についてまとめていきたいと思います。

  • 声に自信がない!
  • はっきりした声が出せる練習法をしりたい!!

という方におすすめの記事です。

数分で読み終わりますので、ぜひお読みください。

はっきりした声とは?

そもそもはっきりした声とは何なのでしょうか?

定義してみると

小さい声でもはっきり相手届く声

当たり前のようですが、難しいですよね。大きな声でも届かないという方や大きな声出すことがそもそも苦手という方もいらっしゃると思います。

私も正直得意ではないです。何回も言い直さないと、相手に伝わらないことが多くて・・・・

ですが、これから紹介する方法で少なからず改善されますのでぜひ試してください!

稲葉さんの声は?

日本を代表する歌手である稲葉さんですが、日常ではそれほど大きな声で喋っていないと思います

ですが、映像からもわかるように滞る事なく自分の言いたいことが伝わっていますよね。

おそらく多少なりとも発声法が影響していると考えています。

それでは、どのような発声法であれば、はっきりとした声に変えることができるのでしょうか?

発声練習法

その練習法がこちらです。

喉を開ける練習

横隔膜を保つ練習

文書の音読

順に紹介します!

喉を開ける練習

口を立てに開けて、モーの声を30秒間保つ

これは、一日2セットがおすすめです。自分は、朝と夜やっています。

なぜこの練習が必要かと言うと、一般的に、人は喋るときに喉を閉じていることが多いからです。

その証拠として、カラオケ行った時に

最初はうまく歌えなかったけど、段々歌えるようになった!!

このような経験ありませんか?

これは、閉じていた喉が歌うことによって開いて発声が楽になるからです。

よって、まず喉を開いて、はっきり発声できるように準備させましょう。

横隔膜を保つ練習

  • 壁を押すと離れるを繰り返して発声練習する
  • 対象を定めて(ぬいぐるみをおいて)発声練習をする

先程の発声練習に慣れてきたら、次は横隔膜を操る練習法です。

この練習をすることで、自分の言いたいことが強調されて相手に伝わるようになるそうです。

壁を使った練習では、おそらく壁を押している最中に自分の声が芯が通った感じになるはずです。

その声が、相手に伝わりやすい声です。感覚を覚えるようにしてください。

また、対象を決めて発声する場合は、2メートルほどの距離でぬいぐるみを置いてそれにぶつけるように発声練習をしてください。

そのときの感覚が体に染み付くまで練習してください。

文書の音読

先程までの練習が、もう難なくできるほど慣れてきたら、いよいよ実際の文で練習です。

初めは、「ありがとうございます。」などから始めましょう。

それを、なにか語りかける対象を設置して行います。先程の発声練習のように、ぶつけるように声を出しましょう。

以下練習文一覧です。

ありがとうございます。

さようなら。

おはようございます。

さようなら。

お元気そうでなによりです。

お世話になっております。

なんか、バイト先の発声練習みたい笑

近所迷惑にならない程度で行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、発声練習についてまとめてみました。

初めは効果を感じにくいですが、徐々に変化が確認できると確信しております。

声は意外とないがしろにしてしまいますが、相手に大きな印象を与えてしまいます。日々の発声練習で、相手に良い印象をもってもらえるように頑張りましょう!!

私は、未だ音読に慣れない段階ですが。コツコツやっています。

もし声がコンプレックスという方は参考にしてみてください。

それではッツ!!

  • この記事を書いた人

バナッツ

19歳大学生。 B'zに憧れて筋トレ、英語などに真剣に取り組む。その中で得た効率的なやり方を紹介するために、ブログ開設を決める。 現在は、ライブ情報やブログの始め方も同時に公開。 ブログ村若返り部門1位。ブログ開始1ヶ月で収益発生。

-稲葉浩志になりたい

© 2021 バナッツの雑記ーGYM Powered by AFFINGER5