健康雑記 雑記 食事法

続けられるダイエットを。 減量の食事法

 こんにちは。

 本日は、かっこいい体を作る上で、最も大きな壁の一つとなる体の減量についてです。

ダイエットは辛くて続けられない・・・・

という方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は断食などの方法を、私の体験を踏まえたダイエットや減量法を厳選して紹介します。

こんな方におすすめ

  • 脂肪を落として痩せたいけど、なにがよいかわからない
  • 今までやってきた食事制限が続かなかった
  •  

 方などにおすすめに記事となっております。

 3分ほどで読み終わります。お手すきの際にでも、読んでいただければ幸いです。

具体的な方法       

 基本的に、以下のようなことをしております。

・12時間断食

・血糖値調整

 以前は、個別に行っていたのですが、最近は組合せながら行っております。

例 

朝 断食、液体のみ。

昼 普通のおかずに茶碗半分戦法&nbsp;</p>


夜 普通のおかず、主食なし

 

 などです。

 これらはよく「キツイ!」「続かない」などと言われますが、結論から言うと

 そんなことはないです。(意志激弱な、私が続けられた方法ですので・・・)

今回はそういったことの解決策についても述べますね。

 ではまず、

12時間断食

 

 ざっくりいうと、朝固形物を抜き、昼夜は普通に食べるというものです

 単純に考えて、1日の総摂取エネルギーが減るので、スリムになれるのは想像できるかと思います。

 ただ、朝抜くと昼夜で食べ過ぎるとか、朝に力が出ないといったことがよく言われます。

 しかし、私の参考にしている方法なら無理なくできるかと思います!

 先程、朝は固形物を抜くと書きました。そう、この方法では、液体のものであれば、朝は摂取可能としています。

 参考にしている本では人参ジュース(人参1本とりんご1/2個をミキサーして一人分)か生姜入りはちみつレモンなどがおすすめだそうです。

 ちなみに、私は朝に、はちみつレモンを飲むようにしていますが、12時を回っても基本的に、空腹感は感じません。外出時でも同様です。

 そして、昼や夜は普通に固形物を食べることができます。

 通常の断食とは違い、1日の間に食べることができるため、少し取り組みやすいです!

 ただし、昼は胃が空っぽの状態での食事になります。そこで、胃に負担のかからない、麺類などがよいそうですよ。

 次に、

血糖値調節

 これは、血糖値の急上昇によるインスリンというホルモンの過剰分泌を防ぎ、糖を溜め込まないようにすることでスリム化するという方法です。

 具体的な方法としては、

 ・空腹状態で糖質が多いものを胃に入れず、低糖質な食べ物事前に食べておく。

 ・一日の糖質の量を減らす。(夜は主食を取らないというのが効果大)

 糖質を最初に食べない理由は、空腹状態で最初に糖質を食べると、いきなり糖質が消化され、血糖値が急上昇してしまうからです。

 ご飯時には、野菜やタンパク質を。軽食時には、ナッツなどを食べるようにしましょう。

 これに慣れてきたら、下の糖質を減らすにもチャレンジしてみましょう。インスリンの分泌が抑えられます。

 ですが、ご飯やパンを食べないとなると抵抗がある方も多いと思います。

 夜は意識すると、糖質を抜くことに慣れますが、朝と昼に糖質がないのは意外につらいです。(私もそうでした)

 そこで、私が実践しているのが、

 ・お茶碗半分戦法

 これは、朝にお茶碗一杯をとり、朝半分、昼半分の割合で食べるという方法です。

 朝昼はお茶碗があるという安心感があり、かつ、グラム計算などのストレスもありません。参考までにどうぞ。

 以上が、私が続けている減量方法となります。

まとめ

・12時間断食と血糖値の調節が取り組みやすくて、効果あり。

・空腹やストレスなどとも、無理なく対処して行えるノウハウがある。 

騙されたと思ってやる価値はある方法だと確信しております! ぜひお試しください。

お読みいただき、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

バナッツ

19歳大学生。 B'zに憧れて筋トレ、英語などに真剣に取り組む。その中で得た効率的なやり方を紹介するために、ブログ開設を決める。 現在は、ライブ情報やブログの始め方も同時に公開。 ブログ村若返り部門1位。ブログ開始1ヶ月で収益発生。

-健康雑記, 雑記, 食事法

© 2021 バナッツの雑記ーGYM Powered by AFFINGER5